現役アパレルスタッフの毎日

現役のアパレルの販売員をしている21歳のレディーススタッフです!過ごす毎日の中で感じたことやトレンドのこと販売のこと自分の思ったことを自由気ままに✌︎♡

接客時に気にしていること

 

 

 

こんにちは!

今日は昨日とは打って変わって曇り空で、少しひんやりとしていますね〜

 

そんな時こそだらけずに色々作業が出来たり☺︎✨

 

 

 

 

今回は接客時に気にしながらやっていること、私なりの販売のテクニックをお伝えします!私のポリシー三か条です!

 

 

 

 

 

まず第1【一種懸命やること】

 

 

 

 

読んだ人はそれだけ?と思うかもしれませんが、私はこれを身をもって体感しています。

 

 

 

アパレルのバイト時代に、当時の店長に「アパレルスタッフッは常に笑顔で落ち着いて、憧れられる様な存在でいなさい」と言われました。

 

初めてのアパレル業界は今までのバイトとはまったく違う接客というお仕事で、当時の私はお店の中をバタバタ走り回っていました(笑)

 

汗もかいては裏で吹くような日々(笑)

 

 

 

店長にも「もっと落ち着いて」とも言われていたのですが、お客様の為に早く商品を在庫から取ってきたい・待たせたくないという気持ちで走らずには入られませんでした!

 

そしていつしか売り上げが伸びてきた時に店長から「その一生懸命さが伝わって逆に良いのかもしれない」と言われる様にまでなりました♪

 

 

 

 

もしあなたがお客様で買い物にきた時に、これを探して欲しいと伝えて歩いて探している販売員と小走りで探している販売員だとどちらに誠意を感じますか?

 

人それぞれだと思いますが、私は後者です。

《私の為に》感がありますよね。

 

 

 

 

 

第2【嘘を付かない】

 

 

もしフィッテイングに入っている時にも迷っていたら真剣な顔で第三者の目線で見させてもらいはっきりしと感想を伝えます。ここで似合ってもいないのに似合っていると嘘をつくのは良くなです。

 

 

もし1着しか試着をしていなくて迷っていたら、どこが気になるのかを聞いてそれをカバーする似た商品を提案させてもらうのが私のスタイルです。

 

↑をする為には商品をいっぱい試着し確かめてみるのがいいです☝︎

 

 

もし似合ってもいないのに嘘をついてもうお店に来てくれないよりかは、また来てもらいたいので、私は気に入らなかったものは辞めましょうと伝えてしまいます。

 

確かにその時だけは売り上げが取れるかもしれません。

しかし、また来てもらうことの方が長い目で見た時、またはお店としての価値が全く違いますよね!

 

 

私が他の人の記事を読んでると、嘘つきばかりと書いてありました。

その販売員さん達はきっとそうなのでしょうね…悲しいですがそうゆう人もいます。

 

しかし、私が入った時には嘘をつくのが1番ダメだと上司に教えられたので、みんながみんなアパレルの販売員は売ろうとしているのでもなく、嘘をついているわけでもないのです!

 

ついでに買ってくれたらラッキーですが、基本入店してもらえただけでもありがたいのです!!

 

これは絶対言いたかったことです(⌒-⌒; )

 

 

 

 

 

 

第3【笑顔】

 

 

 

これはどんな仕事でも人間的にもすごく良いことであり、大事なことですよね☺︎♡

 

笑顔で話しかけられた時、笑顔でいるお店は何だか落ち着くし安心感がありますよね!そして魅力的に見えます!

 

 

私は常に「笑う門には福来る」ということわざを胸に店頭に立ちます♪

そしたら本当に良いことばかりしかないですね。

 

口角が上がって小顔効果や、表情筋が鍛えられてシワが出来にくくなるとか、何よりも幸せそうに見えるらしくそれを言われてさらに幸せな気持ちになれたり♡

 

 

 

 

 

 

この三ヶ条は今からでも、意識するだけなので簡単に取り組めますよね!

 

ぜひ騙されたと思って試してみてください✨

 

 

 

f:id:tomoe015:20170525102500j:plain

 

 

Happy smile's  alexis ren ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

BY トモエ